企業・行政・病院の教育研修をサポートします

J-WAVE 2002年4月2日『いまさら聞けないビジネスマナー(2)ビジネスマナーはなぜ大切なのか』

昨日4月1日は、全国の企業や官公庁では入社式が行われて、全国で約96万人もの新社会人が誕生したそうですね。これは毎年言われることなんですけれども、「最近の若いヤツは」とか、「今年の入社組ときたら」なんていうコメントがちらほら。今から先輩たちの愚痴が聞こえてきそうな感じですけれども…。そんな先輩たちの偏見の目を一蹴するために、JAM THE WORLDでは、今週月曜日から金曜日までの通し企画として、「今さら聞けないビジネスマナー」と題してお送りしています。

ちなみに昨日月曜日のテーマは「新入社員の社会性とビジネスマナー」でした。そして今日のテーマは「ビジネスマナーはなぜ大切なのか」ということについてです。ビジネスマナーなどのセミナーで講師をされています近藤成子さんからお話をうかがってありますので、さっそく聞いてみましょう。

今日はビジネスマナーというのが、なんで大事なんだとか、めんどうくさいのになんでやらなきゃいけないかなあと、思っている方にお答えするかたちでお話ししたいと思います。ビジネスマナーというものと、普通に言われている常識とかマナーというのはどう違うんだろう、と。これは明らかに違うのは、ビジネスにつながる。ですから業績といいましょうか、商売につながるとか、仕事につながる、そういうものがビジネスマナーといわれているものです。

ですから、あいさつをきちんとするということが、ひいてはお客さまの印象をよくして、そして何かものを買ってもらえる、または担当者として認めてもらってそして長いお付き合いに発展する、そういうことですね。例えば、車を買いたいというお客さまが電話をしてきます。電話をとった人があまり元気がなかったり、または不親切だったり、または横柄だったりすると、「じゃ、違う所にまた電話をかけてみよう」と考える。つまりせっかくビジネスチャンスがあったのに、あいさつや電話応対1つでお客さまが乗り換えてしまったということですね。

ですから、自分の1つ1つのマナーが高いレベルにあるということは、それはひいては業績につながっていく、売り上げにつながっていくということです。そこをしっかりと覚えていただきたいと思います。

あまりにも当たり前といえば当たり前の話ですけれども、やっぱりビジネスマナーは大事ですよね。僕もいくつか会社をやっている立場上、ビジネスマナーについては常日ごろ思うところがあります。とくに若い人で初めて仕事をやる人というのはたしかに、今話があったようにあいさつ、これがなかなか難しいみたいですね。それから電話の受け方も相当教えないとできない人が多いです。

あと、単純な話でいうと名刺の渡し方とか、出すときのタイミングとか、出し方とか、いろいろ実はあるんですよ、両手で持ちなさいとかね、相手の下から出しなさいとかね、まあいろいろあるんですけど。とくに電話なんかの場合では、丁寧語。初めて社会人になって仕事を始める人はとにかく丁寧語をしゃべらなきゃいけないという意識が先にいっちゃうみたいで、例えば自分の会社の人に対して、電話もらったときに、「うちの社長もおっしゃっていました」とか、自分の会社の人に対して丁寧語を使ってしまうケースが、けっこうありますね。これは相手にしてみれば、「ええっ?」という感じがするので、ぜひ気をつけていただきたいと思います。

こういうことって、なかなか人に聞けないですから、とりあえず周りでどういうことをやっているのか立ち居振舞いなどを見ながら覚えるしかないんですけどね。まあ、あとは予習復習でぜひとも出社される前にいろんな書物を読み解くなり、あるいはインターネットのホームページでもいろいろと出ていますから、そういったものを勉強してできるだけ失敗のないように。

あと遅刻ですね、これだけは気をつけましょう。自分に言っているような気がするんですけど、僕としては。今日はEARTH NOW「今さら聞けないビジネスマナー」、今夜は「ビジネスマナーはなぜ大切か」について教えていただきました。明日、水曜日は「正しいマナーとよいマナー」について教えていただこうと思います。お楽しみに。

(出典:J-WAVE『Jam the WORLD』2002年4月2日放送分)

出版物案内

お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。 TEL 044-854-7175 受付時間 9:30〜17:30

メールでお問い合わせはこちら

出版物案内

  • お問い合わせ
Copyright © 株式会社 近藤教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.