企業・行政・病院の教育研修をサポートします

企業と人材2003年9月20日号『研修企画のためのBOOK GUIDE 一般職の再戦力化研修』

バブル崩壊後、事務系の一般職採用は減少傾向が続いている。他方、職場では派遣社員 や契約社員が増え、一般職の位置づけが曖昧になっている。一般社員と派遣・契約社員との「差別化」をどのように図ればよいか、これが新たな課題となっている。

一般職が、派遣・契約社員と一線を画し、「安定した戦力」として認められ、信頼され続けるためには、専門性の高いスキル獲得でパワーアップを図らなければならないだろう。 そこで、一般職の再戦力化に参考になると思われる書籍を2つの側面から紹介してみたい。

1つは、キャリア開発と長期的な人材育成の側面である。まず、『自分を高めるキャリアメーキング講座』(藤井義彦著 PHP研究所 1,200円+税)。これは若手の総合職向けに書かれたものであるが、腰を据えてキャリア開発に取り組もうと考える一般職にとっても充分に参考になる。上司や先輩から手厚くOJT教育を受けていた時代が終わり、キャリア開発や自己啓発は自己責任によるものだということが具体的に理解できる。「自分の人生をどのようにデザインしたいのか、どんなふうに生きていきたいのか」を、66のポイントで考えさせている。

併せて、『フランクル心理学入門 どんな時も人生には意味がある』(諸富祥彦著 コスモスライブラリー 2,400円+税)を薦める。タイトルからは堅く大袈裟なイメージを持たれるかも知れないが、あえて必要な難しさであると言いたい。特に第2部の自己発見篇が参考になる。一般職でキャリアを積むということは、イヤなことも経験し、ときに孤独感にも耐えなければならない。「どんなときも人生には意味がある。あなたを必要とする何かがありだれかがいて、必ずあなたを待っているのだ」というフランクルのメッセージを、諸富氏は軽やかな語り口で伝えてくれている。

さまざまな葛藤や軋轢にくじけそうになるのは一般職とて同じである。「生きる意味」や「働く意味」を、ライフサイクルとの関連で考えるきっかけが得られれば、今後の人生に幅と厚みをもたせることができる。一般職が将来にわたってロイヤリティをもち「職場の中心的存在」でいるためには、その人の人生観、将来展望、キャリア開発意欲、実質的成長などが大きく影響するのである。

「差別化」を図るためのもう一つの側面は、高いスキルの獲得である。まず、『ビジネスすぐ使える便利事典』(主婦と生活社 編者・発行者 2,500円+税)。これは秀逸である。参考文献が100以上あることからもわかるように、<会社とは>から始まり、オフィスの最新マナー、プランニング・プレゼンテーション、暮らしの常識、などビジネスに関する項目がすべてが網羅されているといってもよい。ここに書かれている内容が身について実践できるようになると、自然に企業の成績や利益に直結していくのだ、という意識で活用してほしい。これを補完するものとして、『日本常識力検定試験問題集:1級・2級・3級』(出版:株式会社キプリ 1,200円~1,600円前後)がある。たくさんの問題とていねいな要点解説がよい。

一般職が、単純定型業務から応用型非定型業務に守備範囲を拡大するときには、表現能力と論理的思考技術が必要になる。『書く技術・伝える技術』(倉島保美著 あさ出版 1,500円+税)、『質問力 ─ 論理的に「考える」ためのトレーニング』(飯久保廣嗣著 日本経済新聞社 1,400円+税)。この2冊は、自分の発想を論理的に組み立て、客観的に表現するコツが書かれており、相手の思考の枠組みで理解してもらうときや判断してもらうときに役立つ。

コミュニケーション能力の前提には、「自己理解・他者理解」という人間関係スキルの基礎がある。これを磨くためには慎重さが要求され、心理学の専門家による教科書が必須である。自己表現とカウンセリングの立場からは『自己カウンセリングとアサーションのすすめ』(平木典子著 金子書房 1,500円+税)、交流分析の立場からは『「人から大切にされる人」になりたい』(末松弘行著 大和出版 1,400円+税)、認知・行動療法からは『ストレス対処実践法』(小林展子著 チーム医療 1,200円+税)、をお薦めする。(こんどうしげこ)

(出典:近藤成子「研修企画のためのBOOK GUIDE 一般職の再戦力化研修」『企業と人材』2003年9月20日号、産労総合研究所、2003年)

出版物案内

お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。 TEL 044-854-7175 受付時間 9:30〜17:30

メールでお問い合わせはこちら

出版物案内

  • お問い合わせ
Copyright © 株式会社 近藤教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.