企業・行政・病院の教育研修をサポートします

情と理のコミュニケーション体験セミナー(2014年度)

誰とでも感じよく・誰にでも分かりやすい公共サービスのための
「情と理のコミュニケーション体験セミナー」

官庁、地方自治体、医療機関、保育施設など公共サービスの現場では、考え方や価値観の異なる様々な人々との関わりの中で仕事を進めていく必要があります。そこで重要となるのが、誰とでも思いや本音を通じ合い信頼関係を築ける「情」のスキルや、誰にでも素早く確実に情報を伝えて充実した仕事をする「理」のスキル。このセミナーでは「情」と「理」両面のコミュニケーションのあり方、能力開発手法のエッセンスを体験していただけます。

プログラム

10:00 アサーティブ・コミュニケーション体験
アサーションスキルを身につけると、苦手な相手や葛藤場面に遭遇したとき、落ち着いてお互いの信頼関係を構築できるようになります。怒りを我慢してストレスを溜めたり、つい言い過ぎて後悔したりせずにすむのです。童話の「北風と太陽」の如く、自分の行動が自然に相手の行動変化を促し、ひいては組織風土の変革にもつながります。

  1. 「アサーション」ってなに? (攻撃的・非主張的・主張的)
  2. 演習1・2・3(リフレーム・アイメッセージ・R/DESC法)
    • 今の気持ち(感情/考え方)に気づく
    • 本当に言いたいことを、どのように言うか、言わないか(行動)
  3. 嫌いな人、苦手な人ともうまくやる、コツとスキル
13:00 昼休み
14:00 ロジカル・コミュニケーション体験
ロジカルスキルを身につけると、考え方や価値観の違う相手にも分かりやすい話し方・書き方ができるようになります。組織内でも、年齢・経験や性別、所属等の違いを乗り越えて、誰にでも素早く記憶に残るコミュニケーションが実現します。仕事の大部分はコミュニケーションで成り立っています。個々人のナレッジが共有されれば、組織の生産性も高まります。

  1. ロジカルってなに? 分かりやすく・印象に残る伝え方とは
  2. まとめて・名付けて・順序付けてから伝える(広く考える)
  3. 主張に根拠を添えて伝える(深く考える)
  4. 実践してみよう! 分かりやすく特長を伝える
17:00 セミナー終了(個別の名刺交換、質疑応答など)

開催要項

主催
株式会社近藤教育企画
講師
株式会社近藤教育企画 代表取締役 近藤成子
株式会社近藤教育企画 パートナーコンサルタント 新家竜介(ロジカ有限会社代表取締役)
対象
教育研修のご担当者様、官庁・自治体・医療機関・保育施設など公的サービスの現場で働く方
開催日程
第1回 2014年10月16日(木) 10:00~17:00
第2回 2014年10月28日(火) 10:00~17:00
会場
第1回 ルーテル市ヶ谷センター

  • 東京1メトロ有楽町線市ヶ谷駅(徒歩1分)
  • JR市ヶ谷駅(徒歩7分)
第2回 大阪府立女性総合センター(ドーンセンター)

  • 京阪電鉄京阪本線天満橋駅(徒歩3分)
  • 大阪市営地下鉄谷町線天満橋駅(徒歩3分)
定員
各回40名
参加費(税込)
教育研修の企画ご担当の方 無料
一般の方 10,500円

  • 参加費にはテキストなど当日の資料代を含みます
  • 参加費は研修当日に会場にてお支払いいただきます

お申込

受付終了
定員に達したため、お申し込みを締め切りました。
セミナーパンフレット

参加者の声

情と理の2部構成は、つながりもあり、わかりやすく、今後、具体的に活かしていけると思いました。演習等も体験できてよかったです。近藤先生、新家先生、ありがとうございました。両先生のお人柄がにじみ出ており、大変有意義な研修でした。

(東京会場/国家公務)

アサーティブがやっと頭にも体にも言葉が入りました。3時間の中でしっかりと濃い内容だったため、時間が短く感じられました。ロジカルの方も同様、非常に入りやすく、今日から文章作成や発表時に反映させていけると思いました。

非常に分かりやすく、楽しい研修でした。しっかりと言葉が体にしみ込みました。当法人での研修にも活かせる内容でした。また講義を受けたいと思いました。

(大阪会場/医療機関)

仕事一番ありきに進んできましたが、もともとは関係一番でした。いつの間にか関係を忘れていたことに気がつきました。今日来なければ気がついてなかったかも…。先生に力をもらいました。考え方が良い意味でアグレッシブです。新家先生は特に後半の話が参考になります。人に説明できるか伝わるかが大事です。

(大阪会場/介護施設)

このところ、よく聞くワードの「アサーション」と「ロジカル」なコミュニケーションを「情」と「理」という相反するようなコンセプトで一日の研修にされたところがとてもおもしろかったです。かつ、

内容も「アサーション」「ロジカル」それぞれに、「ああそうか」という気付きや、なるほどと納得できた点が多くありました。これからも、仕事を進める上でのロジカルな思考と、アサーティブなコミュニケーションを心に留めて、よりよい人間関係の中で仕事をしていきたいです。

(東京会場/国家公務)

アサーティブコミュニケーションは、分かりやすく例えも盛り込まれていて、楽しみながら受講できました。「関係作り」自分の職場と照らし合わせてみて、とても印象に残りました。私は話をまとめるのが苦手なので、ロジカルコミュニケーションもとても勉強になりました。

(大阪会場/医療機関)

まず相手との関係づくりから。自分の主張したいことを素直に丁寧に伝えること、繰り返し、あきらめないこと、を改めてやっていこうと思いました。一番伝えたいことに事実(データ)となぜ伝えたいかを加えることが自分に足りないので、そうか!と思いました。やることが分かれば、あとは実行すればよいので、少しスッキリしました。

情と理の組み合わせの研修はとてもわかりやすく、よかったです。コミュニケーションにはこの2つの面がないと、伝わらないと改めて気付かされました。ありがとうございました。スタッフや友人にも研修をすすめたいと思います。

(東京会場/介護施設)

  • 「結果よりプロセスが大切、お互いが納得できる会話にする」 アサーションの関係の中でアグレッシブ・ノンアサーションは成立する。
  • 「ロジカルコミュニケーション」 人間の思考の仕組み、記憶のメカニズムを知り、教えていただいたスキルを生かしていきます。

いかに自分の中に思い込みがあったか、そして多様な価値観がそれぞれにあることを講義を通じで思い知りました。情と理のコミュニケーションスキルを生かして、前向きで向上心のある組織作りへつなげていきたいと思います。人間は皆同じでないから楽しいと思いやり、お互い様の精神をもってつとめていきます。

(東京会場/保育園)

最後の言葉でコミュニケーションを考える時には魚の眼でということ。年齢差、今の若者と接する時には必要だと思います。解りやすいというより、私にはまだまだ難しい内容です。これからも機会があれば受けたいと思います。ありがとうございました。

(大阪会場/医療機関)

R-DESCが大切だということ。楽しく過ごさせていただきました。アサーションについて、少し理解できました。ぜひ、また参加させていただきたいと思いますし、他の人も声をかけ参加させていただきたいし、無料ではもったいないと思います。

(東京会場/医療機関)

「アサーティブ(自他尊重の主張)」 配慮についてもう少し知りたいと思いました。

「ロジカルシンキング」 聞いたことはありましたが問題形式はよかったです。

アサーションの手法とコーチングスキルのアクノリッジメントとは良く似ていました。グルーピング等はQC手法とよく似ていました。初めて聞く言葉もあり勉強になりました。

(大阪会場/医療機関)

  • AM「ストロークをかけ続けていく」
  • PM「何故?を自分に2回問いかけてみる」

近藤先生の演習では、いつも「あ、そうか!」のヒントをもらえて、勇気づけられます。他の参加者のケースでも、色々な気付きが得られ、とても有用でした。新家先生の講義では、とてもロジカルな内容で、すごくいいテクニックを教えてもらえ、頭の中がスッキリしました。いずれにしても、コミュニケーションの中で長い時間をかけて実践し続けていくことでしかスキルが上達しないと思いますので、めげずに頑張ります。

(東京会場/医療機関)

あっと言う間の一日でした。会社の事例など、とても勉強になりました。アサーションは不得意な分野でしたので、今後も勉強していきたいと思います。ありがとうございました。スタッフにも参加してもらいたいと感じました。広く研修の開催をお願いします。

(大阪会場/医療機関)

  • 「アサーション・アサーティブ」 受講生の実例で話を進めていただき参考になりました。
  • 「管理者は上位になるほど短時間で判断(決定)する」 改めて論理的な組み立てが必要だと。

(東京会場/医療機関)

人間関係のなかでのアサーティブの意味について正しく認識できたことは、今後の自分にとって、あるいはコミュニケーションの啓発のなかで活かせると思います。

(大阪会場/医療機関)

人はそれぞれの都合で生きているというのは納得した。想していたより興味深い内容でした。

(大阪会場/医療機関)

「情と理」というタイトルが非常に印象的でした。前半は、受講生の実例に対してコメントしていくのがライブ感があってとてもおもしろく、ためになりました。後半は、なぜ?の掘り下げ方、2つのワークだけでもとてもわかりやすかったです。報告書の書き方もとても勉強になりました。

(東京会場/保険会社)

お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。 TEL 044-854-7175 受付時間 9:30〜17:30

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社 近藤教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.